市議会議員選挙

仙台市議会議員選挙の結果速報2019 開票結果速報と公明等立候補者の情勢

任期満了に伴う宮城県・仙台市議会議員選挙が2019年8月25日に施行され、投開票の結果が即日開票によって判明します。

この記事では、仙台市議会議員選挙(仙台市議選)の結果を2019年の開票速報としてまとめ、立候補者一覧で得票数・投票率・当選者・落選者・定数等の開票結果をお知らせしています。また、投開票の結果に至る立候補者の選挙情勢(公開のある公明候補など)も掲載しています。

投票に臨んでは、投票所入場券による、期日前投票と投票日の日時・場所の確認が重要です。

仙台市議会議員選挙 2019 開票結果速報|全選挙区の情勢

2019年の仙台市議会議員選挙は市内5つの区でそれぞれに実施されます。

8月16日に告示され、総勢、定数55に対し69人が立候補しています。各選挙区別の立候補者の状況は以下のとおりです。

  1. 青葉区(定数15)19人
  2. 宮城野区(定数10)15人
  3. 若林区(定数7)9人
  4. 太白区(定数12)14人
  5. 泉区(定数11)12人
  • 立候補者の新旧別:現職46人元職3人|新人20人
  • 立候補者の政党別:自民20人|立憲民主6人|国民民主3人|公明9人|共産8人|社民6人|諸派1人|無所属16人

7月の参議院議員選挙では、宮城選挙区で野党統一候補の立憲民主党の新人が勝利しました。この勢いの乗って、立憲・国民・社民は党首クラスが続々と仙台入り。する一方、国政与党の公明党も代表らが応援に駆けつける予定となっています。公明党では、5選挙区の全てに立候補者を擁立しており、力の入れ方に尋常ではないものがあります。

仙台市議会議員選挙2019の結果に影響|注目点

今回の仙台市議選の立候補者数は、政令都市への移行後最少であった前回の選挙より3人増となっています。そんな中、過去最低を更新し続ける投票率(前回は35・83%)の行方が注目されます。

さらに、2014年の衆議院議員選挙以降の各選挙でミスを繰り返している市選挙管理委員会の投開票の事務作業にも注目が集まっています。本件、選挙戦には関係ないものの、投票率への影響は無きにしもあらず・・。

選挙戦の論戦は、子育て政策や高齢化対策など身近な生活の問題について繰り広げられる模様。しかし、お盆休みの有権者も多いので、各候補、支持者の招集は抑え気味で難航している情勢でもあります。

仙台市議会議員選挙の2019年の日程【告示日・期日前投票期間・投票日など】

2019年実施の仙台市議会議員選挙の日程として、告示日・期日前投票期間・投票日(選挙日)などを以下で確認します。

仙台市議会議員選挙の2019年の日程と概要

  • 【告示日】
    2019年8月16日
  • 【期日前投票期間】
    2019年8月17日から8月24日
  • 【投票日及び開票日】
    2019年8月25日
  • 【投票時間】
    午前7時から午後8時。
  • 【投票場所】
    5選挙区計・市内173ヶ所(投票所入場券を確認します)。
  • 【開票場所・時間】
    即日開票。
  • 【有権者数(人)】
    892564人(男:426924・女:465640)
    ※2019年8月15日現在。
  • 【投票率(%)】
    投票結果待機中。
  • 【執行理由】
    任期満了
  • 【定数/候補者数】
    55/69

仙台市

その他過去の選挙結果

仙台市議会議員選挙2019の結果まとめ

仙台市議会議員選挙2019の結果については、開票の状況に従い開票結果速報として随時更新し、当選者・得票数・投票率などを掲載致します。

なお、仙台市議会議員選挙2019の投開票の結果判明後に、当該選挙管内において注目の出来事や各党候補者の真新しい情報があれば、ここで追記していく方針です。

仙台市議会議員選挙2019 5選挙区の詳細記事

仙台市議会議員選挙2019 は、『青葉区』・『太白区』・『泉区』・『宮城野区』・『若林区』のそれぞれの区で実施されます。各区別の選挙の詳細は以下の記事を参照して下さい。

2019年8月25の開票結果速報の対象となる26選挙